パーソナルジム開業応援ガイド「開業スミスマっする︕」 パーソナルジム開業応援ガイド「開業スミスマっする︕」
成功するパーソナルジムの秘訣は
『マシン』にあり!!

パーソナルジムを開業するにあたり、資金集めや立地・コンセプト決めなど成功させるための準備がいくつもあります。
中でもマシン選びはトレーニングの種類や幅を左右するので、最も重要といっても過言ではありません。
ここでは、パーソナルジムの開業時に必要な情報に加え、特にスミスマシンを販売しているおすすめのメーカー・販売会社を紹介します。このサイトは、パーソナルジムの開業を目指すすべての方を、応援しマっする!

         
パーソナルジムに必要なマシン

パーソナルジム
経営の命運は
『マシン』が
握る!

パーソナルジムの開業で必要なもののうち、特にトレーニングマシンはしっかりと吟味したいところ。

ジムのコンセプトや客層に合ったマシンを導入することは、集客や継続的利用率につながるため、経営における重要な部分となります。マシンの種類によってトレーニングできる身体の部位や種目が異なるので、利用者のニーズを踏まえて選ぶと良いでしょう。

省スペース経営なら
断然、複合型マシン

実際にパーソナルジムに通っている人へのアンケートデータによると、「筋力向上」を理由に通っていると答えた人が最多でした。
つまり、パーソナルジムに通う理由は、筋肉を鍛えられるマシンがあるからと言っても過言ではありません。
パーソナルジム開業を考えているのであれば、有酸素運動ではなく、筋力を鍛えられるマシンの導入が必須と言えるでしょう。

パーソナルジムは一般的に省スペースでの開業になるため、1台で複数のトレーニング種目に対応できる「複合型マシン」がおすすめです。

株式会社NEXER(ボイスノート)による調査で2022年1月21日時点のデータ。集計期間:2022/1/14~2022/1/19。集計対象:ボイスノート会員、1359人。アンケート回収方法:不明。 「ボイスノートマガジン」該当記事:(https://magazine.voicenote.jp/18947/) 株式会社NEXER公式HP:(https://www.nexer.co.jp)

あなたはどんな経営者?
パーソナルジム開業でおすすめの
複合型スミスマシン3選

パーソナルジムの開業にあたり、機能や予算、アフターサポートなど、導入するマシンに求めたい要素はたくさんあるでしょう。

ここでは、パーソナルジム開業をする経営者のニーズに応えるおすすめの複合型マシン、特にスミスマシンのメーカーを3社取り上げています。

それぞれの特徴を紹介し、理想のジムの開業を応援します!

「コスパ」を重視する
経営者なら!

レボルワン(REVOLUONE)

レボルワン(REVOLUONE)
引用元:REVOLUONEの公式HP(https://revoluone.com/)
  • ベンチやバー、プレートといった付属品が充実!
    複合型マシンにさらに+αの多種多様なトレーニングに対応できます。
  • 同じ機能を備えたマシンと比べてもリーズナブルにご提供。
    代理店をつくらず、直販売だからこそ実現する安心価格!
「納品の早さ」を重視する
経営者なら!

エコレコ(ECOLECO)

ECOLECO
引用元:ECOLECOの公式HP(https://www.ecoleco-fitness.com/)
  • 納期1週間!
    オープン日が決まっているなど、早期導入したい場合にはうってつけのマシン。
  • 在庫不足の場合でも、単独輸出費用を負担することで優先的に出荷することも可能!
「保証期間」を重視する
経営者なら!

エボルギア(EVOLGEAR)

EVOLGEAR
引用元:EVOLGEARの公式HP(https://evolgear.com/)
  • 保証期間は最長5年!
    最低でも3年間の無償保証付きで、期間満了後でも不具合が起きた際には対応してくれる、ありがたい徹底サポート。
  • 導入後の思わぬ出費や営業休止を防ぎ、経営者にとっても利用者にとっても安心!
※選出基準※
2022/6/1時点、「スミスマシン メーカー」とGoogle検索した結果上位8ページ目までに表示されたスミスマシン取り扱い会社15社、及び総合通販サイトAmazonで「スミスマシン」と検索した際に3ページ目までに掲載されていたスミスマシンメーカー4社のうち、1台で全身トレーニング可能な複合型マシン(※)の取り扱い有、保証有、代理店ではなく自社開発ないしはOEM販売の条件をクリアした3社をそれぞれ、ユーザーが重要視するポイント『価格(最安)』『納期(最速)』『保証(最長)』で訴求。
※複合型マシンはメーカーごとに「オールインワンスミスマシン」「5in1」「5in1カウンター式」などと呼称が異なるが、同じ機能を有したマシンを比較対象としています。

パーソナルジムの開業におすすめ!
複合型スミスマシン
3選の詳細

「コスパ」を重視する
経営者なら!

レボルワン(REVOLUONE)
本格パーソナルジムセット

レボルワン(REVOLUONE)
画像提供元:株式会社New Dining Group
価格 495,000円(税込)
サイズ 幅2200mm(スミスバー含む)×奥行1770mm(セーフティバー取付時:2030mm)×高さ2200mm
納期 1ヶ月半前後
保証 3年間
付属品 オールインワンスミスマシン、
アジャスタブルインクラインベンチ
3ホールラバープレート
EZバー、
オリンピックバー
アタッチメント、
ラットプルバー 、
プーリーハンドル、
シングルハンドル、
トライセプスロープ、
バーベルカラー、
バーベルパット、
ディップスバー

レボルワン(REVOLUONE)
の特徴

パーソナルジム開業に特化した
マシンメーカー

良コストパフォーマンスを提供し、パーソナルジム開業者を応援するマシンメーカー。
代理店を一切つくらず直販売でコストカットを重視している背景には、「品質の良いマシンを気軽に導入してもらいたい」という想いがあります。

付属品が豊富に揃った
リーズナブルなマシン

1台でさまざまなトレーニングができる複合型スミスマシンに加え、ベンチやバー、プレートといった付属品が豊富なセットを用意。
まずは何を導入したら良いかわからないという方でも導入しやすい安心価格です。

トレーニングできる種目・部位

  • スクワット、レッグプレス、ヒップスラスター:足
  • ベンチプレス、ケーブルクロスオーバー、ディップス:胸
  • シーテッドロウ、チンニング、デッドリフト、ラットプル、ローロー:背中
  • ショルダープレス、アップライトロウ、ケーブルサイドレイズ:肩
  • ケーブルカール、ケーブルトライセプスエクステンション:腕

レボルワン(REVOLUONE)のSNS情報

REVOLUONEの会社情報

会社名 株式会社New Dining Group
所在地 【本社】大阪府大阪市北区南森町1-3-27 南森町丸井ビル7F
【大阪ショールーム】大阪府大阪市阿倍野区美章園1-9-17 1F
【東京ショールーム】東京都中央区東日本橋1-1-9 5F
営業時間 【ショールーム】10:00~19:00
定休日 公式HPに記載なし
電話番号 050-8888-7885
公式HP URL https://revoluone.com/
「納品の早さ」を重視する
経営者なら!

ECOLECO
オールインワンプロセット

ECOLECOオールインワンマルチラック単体
引用元:ECOLECOの公式HP(https://www.ecoleco-fitness.com/product-page/ec-06-yall-オールインワンマルチラック)
価格 629,800円(税込)
サイズ 幅2200mm×奥行2010mm×高さ2230mm
納期 1週間※在庫がある場合。通常は45日~70日。
保証 1年~3年間
付属品 アジャスタブルベンチ、
オリンピックバーベル、
ナイロンカラー、
バーベルクッション、
プレートセット、
ラバータイル、
トライセプスロープ、
スマートグリップ
※製品のみで440,000円(税込)。上記ベンチ・オリンピックバー・プレート付のセット(オールインワンプロセット)は629,800円(税込)。※ECOLECO製品単品購入時よりセットの方がお買い得

ECOLECOの特徴

いざという時に助かる短納期

マシンの納期は在庫があれば約1週間と、かなり早い導入が可能。オープン日が差し迫っているなど、急ぎの開業にも対応できます。
また在庫がない場合、通常は45日~70日ほどで導入できますが、単独輸出費用を負担することでさらに早く導入することも可能です。

時間だけでなく
資金面でも柔軟な対応

分割払いやリース契約にも対応しているので、時間もお金も間に合わないという方にもおすすめです。
パーソナルジムの開業には何かと必要な準備がかさみ、慌てる事もあるかもしれませんが、開業コンサルティングも行っている会社なので最後までしっかりとサポートしてくれます。

トレーニングできる種目・部位

    • ラットプル
    • ローイング
    • フライ
    • スミストレーニング
    • レッグプレス
    • ケーブルモーション

部位については、
公式HPに記載がありませんでした。

エコレコ(ECOLECO)のSNS情報

会社情報

会社名 エーイーシー株式会社
所在地 愛知県春日井市勝川町5-115
営業時間 10:00~18:00
定休日 土曜・日曜・祝日
電話番号 【事業所】0568-37-0155
【フィットネス事業専用回線】0120-994-214
公式HP URL https://www.ecoleco-fitness.com/
「保証期間」を重視する
経営者なら!

EVOLGEAR
カウンターオールインワンラック

EVOLGEARのカウンターオールインワンラック
引用元:EVOLGEARの公式HP(https://evolgear.com/product/evpr-096.html)
価格 492,800円(税込)※マシン単体価格
サイズ 幅2000mm×奥行2120mm×高さ2220mm
納期 1~2ヶ月
保証 最長5年間※最低3年間の無償保証
付属品 ラットプルバー、
ショートストレートバー、
ディップスバー、
トライセプスロープ、
レッグプレス用プレート、
プーリーハンドル、
ハンドル×2、
ラットプル用膝パット
製品のみで492,800円(税込)。ベンチ・オリンピックバー・プレートを追加で単品購入した場合、641,850円(税込)。※他2社と同じ重さ・数の付属品をEVOLGEARで揃え購入する場合

EVOLGEARの特徴

安心の無償保証

マシンには最長5年間の無償保証つき。
保証期間満了後でも、マシンに不具合があった場合は、修理やパーツ交換などの対応をスピーディーに行ってもらえます。ジムを経営する側にとっては不測の事態である休業を回避することができるので、安心して経営に集中できるでしょう。

マニュアルや全国の提携業者による
手厚いサポート

EVOLGEARオリジナルのマシンメンテナンスマニュアルがあります。
何かトラブルが起きた際には、サービススタッフや全国の提携業者が迅速に対応。修理のための休業などを極力抑えられることで、ジムの利用者にも安心してマシンを使っていただけます。

トレーニングできる種目・部位

  • ディップス:胸、腕、肩
  • ベンチプレス:胸、腕
  • ケーブルクロスオーバー:胸
  • ラットプルダウン、シーテッドロウ:背中
  • チンニング:背中、手首、腕
  • ケーブルカール、トライセプスエクステンション:腕
  • デッドリフト:背中、太もも
  • バックスクワット:太もも
  • レッグプレス:太もも、お尻

エボルギア(EVOLGEAR)のSNS情報

会社情報

会社名 株式会社NSS
所在地 福岡県大野城市乙金1-10-405
営業時間 10:00~17:00
定休日 土曜・日曜・祝日
電話番号 092-580-8707
公式HP URL https://evolgear.com/

パーソナルジム開業
必要なものとは?

パーソナルジム開業に必要なものとして、
「業態・コンセプト」
「トレーナー」
「マシン」
「資金」
「場所」
「開業の手続き」
「資格」
「料金・メニュー設定」
「集客」
の9つのポイントをおさえておきましょう。
これらのポイントをおさえておくことで、集客力の高いジムづくりを実現できます。

以下のページでは、それぞれのポイントについてくわしく紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

業態やコンセプト決めはどんなジムづくりをしたいかという、経営者自身の希望だけでなく、市場やエリアの特徴の把握が要となります。
業態やコンセプトを決めないとターゲット層が定まらず一貫性がないジムになってしまい、集客に失敗してしまいかねません。
このページでは、「業態・コンセプト」が必要な理由について詳しく解説しています。

パーソナルジムには、もちろん、パーソナルトレーナーが欠かせません。経営者自身が兼任することも、雇用することもできます。
ジムの利用者の満足度を上げて継続的に利用してもらうためには、トレーニングなどのスキルや知識はもちろん、カウンセリング力も重要。
このページでは、「トレーナー」が必要な理由について詳しく解説しています。

パーソナルジムの開業にあたって、特に重視すべきはマシン選び。
ジムのニーズに合ったトレーニングマシンを選ばないと、せっかく足を運んでくれた利用者に満足のいくトレーニングを提供することができません。
このページでは、「マシン」が必要な理由について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

物件取得費やマシン購入費、内装費、広告宣伝費など、開業時には特にさまざまな場面において費用が発生するため、十分な資金準備をしましょう。
このページでは、なぜ「資金」が重要なのか、必要な要素などとともに解説しています。

開業する場所選びは、店を構えるにあたっては見逃せないポイントです。
ターゲット層に合わせた場所を選定しないと集客にならず、ジム運営が危うくなってしまう可能性も。
このページでは、パーソナルジムの開業における「場所」の必要性について詳しく解説しています。

開業届はもちろんのこと、パーソナルジムを開業するには、場所の契約手続きやスマホ決済システムなどの手続きなども必要です。
このページでは、ジム開業に必要な開業手続きについて詳しく解説しています。

パーソナルジムの開業においては、特に資格が必要なわけではありません。
しかし、トレーナーが資格を持っていることで、ジムの信頼性を高められるなど様々なメリットがあります。
このページでは、資格が必要な理由について詳しく解説しています。

適切な料金設定やニーズに合ったメニュー設定を行いましょう。
これらを適切に行えないと、集客も経営も成り立ちません。
このページでは、料金・メニュー設定の必要性について詳しく解説しています。

積極的に集客活動を行わないと、ジムの存在すら知ってもらえません。
ターゲット層やエリアに合わせた集客を行い、集客力を高めていくことが必要です。
このページでは、集客が必要な理由について詳しく解説しています。

パーソナルジムを開業するなら
必要なマシン

パーソナルジムの開業において、利用者のニーズに応えられるマシンを導入することは非常に重要です。
設置しておきたいマシンは大きく分けて、パワーラック、スミスマシン、ベンチ、複合型マシンの4種類。
なぜこの4つなのか、こちらのページではパーソナルジムの開業に必要なマシンの種類について詳しく解説しています。

パワーラック
引用元:REVOLUONE公式HP https://revoluone.shop/products/パワーラック-re-pr003

パワーラック

パワーラックとは、シンプルなラックのフリーウェイトマシン。筋力アップといえばこのマシンです。
このページでは、パワーラックの特徴やメリットデメリットについて詳しく紹介しています。

スミスマシン
引用元:REVOLUONE公式HP https://revoluone.shop/products/スミスマシン-re-sm001

スミスマシン

スミスマシンとは、バーがラックに固定されているマシンです。ウェイトが自由に設定できるため、フリーウェイトの長所も兼ねています。
このページでは、スミスマシンの特徴やメリットデメリットについて詳しく紹介しています。

ベンチ
引用元:株式会社ザオパ公式HP https://store.zaoba.co.jp/collections/bench-rack/products/adjustable-bench

ベンチ

ベンチとは、大胸筋を鍛えることに特化したベンチプレスのためのマシンです。大胸筋を鍛えたいというニーズが一定数あることから、パーソナルジムの開業にはぜひとも設置したいもの。
このページでは、ベンチの特徴やメリットデメリットについて詳しく紹介しています。

複合型マシン
画像提供元:REVOLUONE

複合型マシン(マルチファンクションマシン)

スミスマシンをより複雑化したもので、多種多様なトレーニングが行える高機能性のマシンです。この1台でさまざまなトレーニングメニューの提供が可能になります。
このページでは、複合型マシン(マルチファンクションマシン)の特徴やメリットデメリットについて詳しく紹介しています。

パーソナルジムの開業にうってつけ!
おすすめスミスマシン
メーカー・販売会社一覧

本サイトではスミスマシンの取り扱いのあるおすすめのメーカーや販売会社を一覧化して、紹介しています。
導入するマシンをご検討の方は、ぜひ各社の詳細ページをご覧ください。

ECOLECO
(エーイーシー株式会社)

ハイクオリティなマシンをリーズナブルな価格で提供している会社です。
マシン販売だけでなく、企画からジム運営までトータルでコンサルティングを行っているので、ジム開業においても頼りになるでしょう。

所在地 愛知県春日井市勝川町5-115
電話番号 【事業所】0568-37-0155
【フィットネス事業専用回線】
0120-994-214
公式HP
URL
https://www.ecoleco-fitness.com/

BULL
(株式会社ザオバ)

プロのアスリートはもちろん、誰もが安心して使えるトレーニングマシンを開発・提供しています。
アフターサービスも充実しており、スピード対応が魅力。安心してマシンを購入できます。

所在地 千葉県千葉市中央区浜野町576-1
電話番号 043-305-0212
公式HP
URL
https://zaoba.co.jp/

アイロテック
(株式会社スーパースポーツカンパニー)

本格的なトレーニングマシンから筋トレ器具まで幅広く取り扱っている通販専門ショップです。
価格以上のコストパフォーマンスを実感できるマシンを提供。実際にマシンを体感できるショールームも展開しています。

所在地 大阪府貝塚市二色中町6-15
電話番号 072-488-7567
公式HP
URL
https://www.super-sports.jp/

ダンノ・DANTOS
(株式会社淡野製作所)

学校体育用品とトレーニング器具に特化した専業メーカーです。
フィットネス製品やリハビリ用品といった幅広い商品を取り扱っているため、どんなニーズにも応えることができます。

所在地 大阪府東大阪市宝持1-4-21
電話番号 06-6721-1379
公式HP
URL
http://danno.co.jp/

インパルス
(株式会社ワイルドフィット)

スポーツ用品やサプリメントの製造・販売を行っている会社です。
家庭で手軽に使用できるマシンやフィットネス用品を提案し、心身の健康をサポート。中でもおすすめのジム開業応援セットは、効率的にジム開業準備を進められます。

所在地 大阪府茨木市五日市1-12-2
電話番号 072-624-8000
公式HP
URL
https://www.wildfit.com/

COMING HEALTH TECH
(株式会社ワイルドフィット)

スポーツ用品やサプリメントの製造・販売を行っている会社です。
マシンを購入した後のサポート体制も整っているため、何らかのトラブルが起きた際にもスピーディーに対応します。

所在地 大阪府茨木市五日市1-12-2
電話番号 072-624-8000
公式HP
URL
https://www.wildfit.com/
もっと見る

KONGOU
(株式会社KONGOU)

日本人の骨格に合わせたマシンを提供している業務用トレーニングマシンメーカーです。
物件探しや人材紹介など、フィットネスジムの運営に関するコンサルティングサービスも実施。

所在地 東京都中央区銀座5-14-10 第10矢野新ビル2F
電話番号 0120-771-481
公式HP
URL
https://www.kongou-fitness.com/

AnyAgeFitness
(株式会社KYOKUWA)

ジムや家庭向けのトレーニングマシンを数多く揃えているマシンメーカー。
大阪で展開しているショールームでは、実際にマシンを体感できます。1台で多くのトレーニングができる複合型マシンがおすすめ。

所在地 大阪府堺市北区南長尾町二丁3-7
電話番号 072-320-0222
公式HP
URL
https://kyokuwa.com/

REVOLUONE
(株式会社New Dining Group)

パーソナルジム開業に特化したマシンメーカー。フィットネスマシンやトレーニンググッズを提供しています。
ジム開業に関するトータルサポートが充実しており、幅広い分野でのサポートが可能です。

所在地 大阪府大阪市北区南森町1-3-27 南森町丸井ビル7F
電話番号 06-4709-6130
公式HP
URL
https://revoluone.com/

AFC
(株式会社NBS)

美容機器・美容商材の製造・開発・販売を行っている会社です。
ジム開業・運営に関してトータルサポートを行っています。提供している「AFHシリーズ」はおしゃれなデザインのマシンで、女性にもおすすめ。

所在地 愛知県名古屋市中区千代田4-1-6 NBSビル
電話番号 052-339-5572
公式HP
URL
https://www.nbs-nbs.com/

EVOLGEAR
(株式会社NSS)

ハイクオリティなマシンを、手の届きやすい価格で提供しているマシンメーカーです。
ジム開業に関するサポートサービスも充実しているので、目的や予算に応じたジムをつくることが可能です。

所在地 福岡県大野城市乙金1-10-40
電話番号 092-580-8707
公式HP
URL
https://evolgear.com/

PANATTA
(ストレングスアジア合同会社)

イタリアのアピーロに拠点を構えるトレーニングマシンメーカー。
幅広い商品を取り扱っていますが、中でも赤と黒をメインカラーとした、機能性とデザイン性を兼ね備えたマシンが魅力です。

所在地 東京都渋谷区恵比寿2-28-10
電話番号 03-6820-1466
公式HP
URL
https://strengthasia.com/

BODYMAKER
(BODYMAKER株式会社)

格闘技用品やトレーニング用品を販売する製造・小売りのスポーツブランドとして生まれた会社です。
直営店舗や受注センターを構えているため、気になった商品はすぐに問い合わせできます。

所在地 大阪府吹田市垂水町3-16-17
電話番号 公式HPに記載なし
公式HP
URL
https://www.bodymaker.jp/

GENKIマーケット

それぞれの体や部屋に合わせたオーダーメイドのマシンが魅力の会社です。マシン制作に加え、パーソナルジム開業支援も実施。
また、トレーニング指導なども行っており、幅広いサービスを展開しています。

所在地 鳥取県鳥取市的場4-47
電話番号 050-7115-9573
公式HP
URL
http://genki-market.net/

INFINITY

ジムやホテル、マンション、企業、教育機関、行政機関などのどさまざまな公共施設にトレーニングマシンを販売している会社です。
高品質でリーズナブルなマシンを取り扱っている他、導入に向けての多岐にわたるサービスも提供しています。

所在地 三重県名張市蔵持町原出1300-8永尾第3ビル2階
電話番号 0595-48-5531
公式HP
URL
https://infinity-gym.com/

style fitness(合同会社スタイル)

style fitnessでは、プライベートジムやホームジムの開設に適したトレーニングマシンやその付随製品の販売を行っています。自社で使用するものはもちろん、他社メーカーに設置して使用できるパーツなども販売しているため、幅広い用途で活用できる点が特徴です。

所在地 千葉県千葉市若葉区千城台東1-4-7
電話番号 043-310-7075
公式HP
URL
https://www.sfit.shop/

アポワフィットネス(株式会社アポワテック)

アポワフィットネスでは、パーソナルジムやホームジム向けのトレーニングマシンを販売しています。新品はもちろん、新古品や未使用品、中古品など幅広いランクの商品を取り扱っているほか、トレーニングマシンのレンタルサービスも提供しています。

所在地 埼玉県八潮市八潮5丁目8-13
電話番号 048-954-7810
公式HP
URL
https://www.apowafitness.jp/

TRUST(FIGHTING ROAD)

FIGHTING ROADでは、手頃な価格でしっかりトレーニングできるマシン「TRSUT」を販売しています。ほかにもグローブダンベルなどさまざまなトレーニング用品を販売しており、プライベートジムやホームジムを開設したい人に必要な器具が網羅されています。

所在地 東京都千代田区神田錦町3-20 トラッドスクエア2階(東京オフィス)
電話番号 03-6895-1888
公式HP
URL
https://www.fightingroad.co.jp/

UBAR GYM(株式会社LIFE BUILDING)

株式会社LIFE BUILDINGでは、UBAR GYMのトレーニングマシンを販売しているほか、スタジオバズーカパーソナルトレーニングジムを都内に6店舗運営しています。マシン、ジムともにプロのトレーナーが監修しており、さまざまなニーズに応えてくれます。

所在地 東京都目黒区八雲1-7-21-201
電話番号 03-4500-2084
公式HP
URL
https://bazooka-okada.jp/company/

セノー株式会社

セノー株式会社では、さまざまなトレーニングマシンを販売しています。高齢者向けから子ども向けの器具も展開し、導入実績も豊富です。開業やリニューアルのサポートも受け付けているため、一からジムを開業したい場合も役立ってくれます。

所在地 千葉県松戸市松飛台250番地
電話番号 公式HPに記載なし
公式HP
URL
https://www.senoh.jp/

SOVRAN(株式会社カトリー)

株式会社カトリーでは、高機能スミスマシンを展開しているほか、競技の練習に活用できるコンボラック、周辺器具など、さまざまなトレーニングマシンを販売しています。スミスマシンは1年間の保証付きで、各アタッチメントも付属しています。

所在地 茨城県つくば市松塚634 ソヴラン倉庫
電話番号 029-811-6145
公式HP
URL
https://www.tokyosovran.com/

マルチ パワーラック
(株式会社 TOP FILM)

株式会社 TOP FILMでは、20種類以上のトレーニングを可能にするマルチラック、可変式ダンベル、トレーニングマットなど、トレーニング用品を幅広く取り扱っています。トレーニング用品のほとんどが1年保証付きとなり、スピーディな発送も特徴です。

所在地 大阪府東大阪市横小路町4-9-56
電話番号 072-989-1759
公式HP
URL
https://topfilm-osaka.com/

マルチスミスマシン
(株式会社サップス)

株式会社サップスのマルチスミスマシンは、1台準備するだけでパーソナルジムが開業できるというほど多機能です。設置や組み立てを依頼することもできて、マシンの設置がはじめての方でも導入しやすくなっています。最短1週間で納品可能で、1年間の保証もついているマシンです。

所在地 兵庫県西宮市甲子園高潮町3-30 ホテルヒューイット甲子園5F
電話番号 0798-43-9251
公式HP
URL
https://sa-ps.jp

株式会社BoDYLINK

準業務用トレーニングマシンを販売している会社です。価格と機能のどちらも妥協しないコストパフォーマンスに優れたオールインワンラックを扱っており、1台でケーブルトレーニング、スミスマシン、フリーウェイト、自重トレーニングの4つの役割を果たします。

所在地 大阪府岸和田市木材町9-15
電話番号 072-447-8882
公式HP
URL
https://www.body-link.jp/

レクスコジャパン株式会社

レクスコジャパン株式会社は、1998年に韓国で設立されたグローバルメーカーの日本法人。ユーザーの意見を反映させ、膨大なデータを活用して製品のパフォーマンスを検証することで、使いやすさや安全性のみでなく時代に合ったワークアウトマシンを提供しています。

所在地 東京都三鷹市下連雀3-12-7オークハウス1階
電話番号 0422-26-8991
公式HP
URL
https://lexco.co.jp/

もっと比較したい方へ
おすすめのスミスマシン
海外メーカー

本サイトではスミスマシンを製造・販売する海外のメーカーを一覧化して、紹介しています。
導入するマシンをご検討の方は、国内と海外の比較の参考のために、ぜひ各社ページをご覧ください。

Arsenal Strength
(アーセナルストレングス)

Cybex(サイベックス)

ELEIKO(エレイコ)

Hammer Strength
(ハンマーストレングス)

Life Fitness
(ライフフィットネス)

Matrix(マトリックス)

Technogym(テクノジム)

TUFFSTUFF(タフスタッフ)

Panatta(パナッタ)

Precor(プリコー)

もっと早く知りたかった!
パーソナルジム開業で失敗しないポイント

開業資金の相場を知る

項目 目安 備考
物件取得費用 家賃の6ヶ月分 例: 家賃25万円 = 150万円程度
内装にかかる費用 坪単価25〜45万円 居抜き物件や未加工物件による変動あり
設備費用 トレーニングマシン: 15〜50万円/台 リースやレンタル:月額1万円~

パーソナルジムを開業するにあたってまず知っておきたいのが、「開業資金をどれくらい用意しておけば良いのか」という点です。ただ実際にはパーソナルジムを開業するにあたっての明確な相場はないものの、どの程度の費用がかかるのかおおよその金額について知っておくと良いでしょう。どのような部分に費用が発生するのかという点についてご紹介しますので参考にしてみてください。

もっと見る
  • 物件取得費用

パーソナルジムを開業するためには店舗を用意することになりますが、物件の取得に必要な費用は一般的に「家賃の6ヶ月分」となっています。例えば家賃が25万円の場合であれば、その6ヶ月分となりますので150万円程度が物件取得費として必要になると考えると良いでしょう。

ただし家賃を抑えると初期費用が削減できることに加えて、毎月支払う家賃も削減できますので、物件選びを行う際にはよく検討する必要があります。

  • 内装にかかる費用

もし居抜き物件でパーソナルジムを開業する場合には、内装については活用できる部分もあるでしょう。その場合の内装については、坪単価25〜45万円程度が内装費の目安とされています。また、何も手を加えていない物件の内装費については、坪単価40〜60万円程度といわれています。

この内装費には、壁・床などに対するクロス張り、電気設備、換気設備、空調などどのような部分に手を加えるかによって必要な費用が大幅に変わってきますので、どの部分の内装を行うのかを十分に検討しましょう。

  • 設備費用

パーソナルジムを開業する場合には、トレーニングマシンなどの設備を用意する必要があります。あまり大きくない規模のパーソナルジムの場合には、フィットネスクラブで用意しているようなトレーニングマシンは必要なく、家庭用のトレーニングマシンを揃えることでニーズに応えられると考えられます。

この家庭用のトレーニングマシンは1台あたり15〜50万円となっていますが、購入ではなくリースやレンタルを利用するという選択肢もあります。この場合には、マシン1台あたり月1万円で利用できます。

開業資金の調達方法を知る

資金調達方法 概要 リンク
日本政策金融公庫からの融資 中小企業や個人事業主の企業をサポートする、融資を受ける方法。書類の提出や面談が必要。 日本政策金融公庫の
公式サイトをチェックする
資金調達方法 概要 リンク
自治体の補助金を利用する 自治体独自の補助金や助成金を利用する方法。各自治体で異なるため、確認が必要。 東京都中小企業振興公社の
創業助成金をチェックする
大阪起業家グローイングアップ事業の
助成金をチェックする
資金調達方法 概要 備考
クラウドファンディングを利用する インターネットを通じて不特定多数の人から少額ずつ資金を調達する方法。種類により異なる。 注意: 「購入型」「寄付型」「融資型」「株式投資型」「ファンド型」「ふるさと納税型」などさまざま。

パーソナルジムを開業するにあたって、資金をどのように調達するのかを考えてみましょう。ここでは、考えられる方法についてまとめていますので、参考にしてみてください。

もっと見る
  • 日本政策金融公庫からの融資

中小企業や個人事業主の企業をサポートする、日本政策金融公庫からの融資を受けるという方法があります。ただし、この融資を受けるためには、書類の提出を行ったり、面談を受けたりする必要があります。

このことから、事業計画書を提出できる、開業のための自己資金をある程度用意している、融資を受けた場合の使用用途についてしっかりと説明できるといったような場合には、こちらの融資を受けることを検討してみると良いでしょう。

  • 自治体の補助金を利用する

パーソナルジム開業にあたっては、自治体独自の補助金や助成金を利用できることがあります。こういった制度についてはそれぞれの自治体によって異なるため、自分がパーソナルジムを開業しようとしている自治体ではどのような補助金制度が用意されているかを確認してみると良いでしょう。

例えば、東京都には東京都中小企業振興公社からの「創業助成金」が、大阪府には「大阪起業家グローイングアップ事業」の助成金があります。

  • クラウドファンディングを利用する

インターネットを通じて不特定多数の人から少額ずつ資金を調達するクラウドファンディングを利用するのもひとつの手です。ただし、クラウドファンディングは「購入型」「寄付型」「融資型」「株式投資型」「ファンド型」「ふるさと納税型」といったようにさまざまな種類がありますので、よく確認しておきましょう。

パーソナルジムの開業に必要な基礎知識を得る

パーソナルジムを開業するにあたっては、物件探しが大切であるとともに、そのエリアの世帯年収を知っておく、という点もポイントとなってきます。どのような部分について知っておくことが大切なのかを見ていきましょう。

もっと見る
  • 物件探しで注意したいポイント

パーソナルジム開業のための物件探しの際に注意しておきたい点のひとつが「家賃の額」です。理想的な物件に出会った場合には、つい家賃について深く考えずに決めてしまいそうになりますが、この家賃は毎月固定で支払いが必要なものであることから、ランニングコストに大きく関わってくるものであるという点を念頭に置いておきましょう。

家賃の他にもチェックしておきたいのが、周りに競合するパーソナルジムがないかどうか、という点です。もし似たタイプのパーソナルジムが営業しているといった場合には、見込める利用者の数が少なくなります。インターネットなどを活用して周辺の状況をしっかりと確認しておくことがおすすめです。

  • 開業する地域の世帯年収

これからパーソナルジムを開業しようとしている地域の世帯年収もチェックしておきたいポイントとなっています。せっかくパーソナルジムを開業しても、ジムに通うための金銭的な余裕がある人がいなければ、集客が望めないためです。

しっかりと集客を行うという意味でも、可能な限り世帯年収が高いエリアで開業するための物件探しを行うことがおすすめです。また、有名な企業が密集しているようなエリアでも集客が期待できます。

  • フィットネスクラブ市場の動向

フィットネスクラブ市場は、2019年までは世の中の健康ブームを反映してプラス成長を続けていましたが、コロナウイルスの影響で2020年には売上高が激減し、利用者数も大きく落ち込みました。

しかし、2021年4月ごろからようやく回復の兆しを見せ始め、2022年12月の売上高は、23,169百万円。前年同月比+5.0%となっており、13ヶ月連続の増加となりました。

年度別にみると、2020年度の売上高は210,435百万円で、対前年比62.1%まで落ち込んだものの、2021年度の売上高は248,683百万円で、対前年比117.6%まで回復しています。

これは、ワクチン接種や行動規制の緩和で、再びフィットネスクラブを利用する人が増えているためと予測できます。また、コロナ禍をきっかけとして、人々がより健康に配慮するようになったことや、従来は敷居が高いと思われていたパーソナルジムやプライベートレッスンの利用者が増えていることも理由として考えられます。

感染症の心配が少なく、各個人にあったサービスが受けられるパーソナルジムやプライベートレッスンの需要は、今後増えていくものと推察できます。

フィットネスクラブ市場の動向の詳細がもっと知りたい方は、経済産業省が発表している下記の情報を確認してください。

参照元:経済産業省「フィットネスクラブの動向 (特定サービス産業動態統計速報(2022年12月))」[pdf]
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/sanko/pdf/hv58_02j.pdf

参照元:経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result-2.html

小規模で始める

また、パーソナルジム開業の際には、はじめは無理のない規模からスタートすると良いでしょう。開業して間もない頃はお客さまの数もそれほど多くないと予想されます。このことから、可能な限り初期費用を抑えた状態での開業がおすすめ。また、規模を大きくして集客に成功したとしても、利用者が多すぎる場合には休養を取る暇がなく、健康を害する可能性もゼロではありません。

このような面から、無理のない規模で開業することがポイントのひとつともいえるでしょう。

売上を最大化させる要素を知る

パーソナルジムの売上を大きくすることを考えた場合には、「顧客数」「単価」「顧客が通う頻度」という3つの要素について考えてみましょう。この3つの要素により、パーソナルジムの売上が決まります。

もっと見る

どれくらいの顧客がパーソナルジムに通ってくれるのか、そして単価をどれくらいに設定するかによって売上は大きく変化してきます。それに合わせてどのくらい顧客が通ってくれるかといった点に目を向けることも大切です。利用者が週1回通う場合と、週3回通う場合を比較すると、やはり通う回数が多い方が売上を上げられるためです。

顧客が通う頻度を上げるためには、「また通いたい」と思わせられるサービスを提供できるかどうかがポイントとなってきます。そのためにも、それぞれの顧客に合わせたきめ細やかな対応によって信頼を得ていくことが必要です。

集客方法を知る

また、パーソナルジム開業後にどのようにお客様を集めるかを考えることも大切です。例えばパーソナルジムについて知ってもらうためのホームページを作成することが必須といえるでしょう。公式ホームページを用意しておけば、それだけ検討してもらえる可能性も高められます。

もっと見る

このようなホームページは、自身で作成することもできますが、制作が難しいといった場合には専門の制作会社に依頼するという方法もあります。また、ホームページ作成後にも、SEO対策を行う、コンテンツの更新といったようにまめな更新も大切です。このことからも、ホームページ制作から運用までサポートしてくれる制作会社を探してみるのもおすすめです。

パーソナルジム開業にあると良い資格は?

パーソナルジムを開業する場合に必須の資格はありません。そのため、開業届(個人事業の開業・廃業等届出書)を出すのみでジムを開業することが可能です。

もっと見る

ただしジムを開業するにあたって、資格を持っていると知識や技術などを持っているという証明となる上に、お客さまからの信頼を得やすいなどさまざまなメリットがあります。そのため、ジムの開業を目指す方はどのような民間資格があるのかをチェックしておくことがおすすめです。

  • NESTA-PFT(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)

NESTA-PETとは、フィットネスやウェルネス分野において時代をリードする人材育成を行っているNESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)が認定を行っている資格です。この資格を取得すると、健康やフィットネス、ウェルネスの改善や向上をサポートできるプロとしての知識や技術を習得している、という点を証明できます。

また、トレーニングに関する理論だけではなく、パーソナルトレーナーとして必要となるビジネス理論を学ぶ必要があります。具体的には顧客の心理や接客に関するマナー、広報戦略や事業計画のヒントといった内容まで、ジムの経営を行うために求められる知識などについて身につけることによって資格を取得できます。

参照元:NESTA公式HP
https://www.nesta-gfj.com/pft#what-is-certification

  • CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)

CSCSは「Certified Strength and Conditioning Specialist」の略で、トレーナーやコーチングなどの仕事を行う人のための認定資格で、アメリカのトレーニング・コーチングの教育団体「NSCA」によって認定が行われています。

この資格は、ケガを予防するトレーニング方法の実施や、パフォーマンスを向上するためのアドバイス、また安全で効果的なプログラムの計画・実行ができる知識と技能を有する人材に与えられます。

指導対象はアスリートやスポーツチームとなっていますが、トレーニングの指導のみを行うのではなく、施設を運営したり管理したりするために必要な知識も求められます。さらに、教育者的な面も持っている資格となっており、例えばドーピングや生活習慣・栄養に関する指導なども行っていきます。

トレーナーやインストラクターの他にも、医師や研究者などさまざまな人がCSCSを取得し、活躍しています。

参照元:NSCA資格認定試験
https://www.nsca-japan.or.jp/exam/certification/

  • NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)

NSCA-CPTも、アメリカのトレーニングやコーチングの教育団体「NSCA」が認定する資格のひとつです。健康や体力に関するニーズについて、評価や動機付け、教育に加えてトレーニングやコンディショニング全般について指導を行うために必要な能力を持つ人物に与えられる資格となっています。

年齢や性別、経験を問わず幅広い層が指導の対象となり、さまざまな人に対するトレーニングの指導を行っていくことになります。そのためにも医学的な専門知識や運動生理学に関する専門知識なども求められる点が特徴といえるでしょう。

パーソナルトレーナーはもちろん、フィットネスインストラクターやさまざまなスポーツ指導者のほかにも、柔道整復師や理学療法士などがこちらの資格を取得し、その知識や技術を活かして活躍しています。

参照元:NSCA資格認定試験
https://www.nsca-japan.or.jp/exam/certification/

  • JATI-ATI(日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者資格)

JATI-ATIは、競技スポーツやフィットネス分野で活動するトレーニング指導者の団体であるJATIにより認定される資格です。JATI認定資格はトップアスリートから一般の人まで、さまざまな対象・目的に応じて科学的な根拠に基づいた運動プログラムの作成・指導ができる専門家であることを示すもので、JATI-ATIはその中で基礎資格として位置付けられています。

JATI-AITは、トレーニング指導者として求められる高度な知識と技能を習得していることに加えて、長期に渡って実務経験があること、また優れた指導実績があると認められた人に与えられる資格となっています。

トップアスリートのトレーニング指導や、専門学校・大学などのトレーニング指導者の教育や養成を統括する役割を担う人、またフィットネスクラブのインストラクター教育研修を担当する人などにおすすめです。

参照元:特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会HP
https://jati.jp/license/index.html

  • NATA-ATC(全米アスレティックトレーナーズ協会認定アスレティックトレーナー)

NATA-ATCは、公認アスレティックトレーナーやアスレティックトレーニングとして活躍している人を支援する目的で設立された団体であるNATAにより認定される資格です。

世界的な知名度も非常に高い資格となっていることから、海外でトレーナーとして仕事をしたいと考えている場合にはぜひ取得しておきたい資格といえるでしょう。

実際に、アメリカでスポーツトレーナーとして仕事をしている人の多くがこの資格を取得しているとされています。

非常に取得が難しい資格といわれていますが、資格を取得するためには大学院や大学院相当の学歴に加え、実習での実務経験を経て受験資格を獲得し、その後認定試験に合格することが必要です。さらに、高い英語力も求められます。

参照元:TRAINER AGENCY
https://www.trainer.agency/blog/personaltrainer-nata-atc/

パーソナルジムの開業届の提出方法を知っておこう

パーソナルジムを個人事業主として開業する場合、事業を開始1ヶ月以内までに「開業届(個人事業の開業・廃業等届書)」事業主の住所を管轄する税務署の窓口に提出する必要があります。開業届は所得税法で提出期限が定められています。開業届を出すことで、青色申告書で大きな節税効果が得られたり、屋号で銀行口座を創れたりするメリットがありますので、できる限り早く提出するようにしましょう。

開業届は、国税庁のwebサイトからダウンロードできます。

国税庁の「個人事業の開業・廃業等届出書」のダウンロードページ

先輩経営者もやっちゃった!
パーソナルジム開業の
しくじり・失敗しないコツ

パーソナルジムを開業した際によく見られる失敗として、立地や資金、集客に関わる下記6つが主に挙げられます。このような失敗をしないためには、失敗してしまった先輩経営者に聞くのが一番。

下記ページでは、
「立地が良くない」
「資金繰りがうまくいかない」
「初期費用がかかり過ぎ」
「コンセプトがはっきりしない」
「集客がうまくいかない・知名度がない」
「閑散期の対策をしていない」
という失敗の体験談と解決策をまとめました。

パーソナルジム開業では、立地において失敗するケースも多く見られます。
特に、トレーニング初心者や運動があまり得意ではないライト層をターゲットとしたジムの場合、立地によって集客が左右される可能性が大きくなります。
このページでは、立地が良くないジムの失敗談などについて詳しく紹介しています。

パーソナルジム開業では、うまく資金繰りを行うことも大切です。資金がうまく回らないと当然、ジムの運営も危ぶまれてしまいます。
準備資金を十分に用意していても、想定外のトラブルが起きて資金繰りが悪化してしまう可能性も。
このページでは、資金繰りがうまくいかなかったケースなどについて詳しく紹介しています。

パーソナルジムの開業において初期費用がかかり過ぎている点も、失敗の理由です。
こだわりたいからといってあまりに初期費用をかけ過ぎてしまうと、後々資金を回収できず、ジム運営が不可能になるリスクも。
このページでは、初期費用をかけ過ぎてしまった失敗談などについて詳しく紹介しています。

コンセプトをはっきりさせないままジムを開業してしまう点も失敗と呼べるケースです。
コンセプトを明確にすることはターゲット層を絞ることにつながるので、結果、良い集客効果を生み出します。
このページでは、コンセプトがはっきりしないジムの失敗談などについて詳しく紹介しています。

集客活動を行わなければジムの知名度は上がりません。
ターゲット層や立地に合わせて集客することが大切ですが、コツを知らないままだと、広告費ばかり無駄にかけてしまう可能性も。
このページでは、集客がうまくいかなかった失敗談などについて詳しく紹介しています。

実は、パーソナルジムにも繁忙期・閑散期があります。
閑散期を知らなかったジム経営者も多く、閑散期における対策を何も行わずに失敗してしまったという声も。
このページでは、閑散期の対策に関する失敗談などについて詳しく紹介しています。

防犯カメラなしでパーソナルジムを開業して「失敗した」と感じるケースも少なくありません。
トラブルが起こりやすくなるうえトラブルに対処しにくくなるからです。ここでは、設置していないジムで起こりやすいトラブルと設置のメリットなどを解説しています。

WebサイトのSEO対策をせずにパーソナルジムを開業すると、なかなかお客さんは集まりません。
まずは経営を軌道にのせるために、集客効果が高いWebサイトのSEO対策に力を入れましょう。ここではSEO対策のポイントや注意点を紹介しています。

GoogleマップのMEO対策をしていないと、集客のチャンスを大きく逃してしまいます。
スマホの利用者が増えたことにより、お店に足を運ぶ人の多くがGoogleマップを経由しています。GoogleのMEO対策を行うことで、より多くの人にパーソナルジムの存在を知ってもらい、集客につなげることが可能です。

パーソナルジムでは防音対策が重要です。防音対策をしていなければ、振動や音がほかの階や近隣に伝わってしまい、トラブルのもとになってしまうからです。近隣とのトラブルを避けるためにも、きちんと対策をしておきましょう。

Instagramで発信をしていなければ、若い層にアピールすることが難しく、集客がしづらいのではないでしょうか。ここでは、パーソナルジムがInstagramで発信をしたほうが良い理由やInstagram発信のポイントについて詳しく解説します。

パーソナルジムでは人材育成が必要です。知識や技術が足りないパーソナルトレーナーばかりでは、ジムから顧客が離れていってしまう可能性があるからです。ここでは、パーソナルジムでの人材育成の必要性や育成のポイントなどを詳しく解説します。

他店との差別化や利用客からの認知度向上のためには「ブランディング」が重要です。ブランディングによってコンセプトや魅力を打ち出し、利用客の関心を引くことができます。ここでは、パーソナルジムの開業時にブランディングが必要な理由やポイントについて紹介します。

パーソナルジムの開業が失敗する理由として、顧客のリピート率の低下が挙げられます。原因としては顧客側に環境や状況の変化が考えられ、ジム側にも料金設定やメニュー内容などに問題がある場合があります。ここでは、顧客のリピート率が低くなる原因について紹介します。

パーソナルジム
レイアウトとマシン配置の重要性

パーソナルジムを開業するなら、ジム内のレイアウトやマシンの配置についても考慮することも忘れてはいけません。
レイアウトを決めるうえで重要な3つのポイントは、「導線確保」「ケガ防止」「ターゲットとの関係性」。
これらポイントをおさえ、快適空間を実現し、顧客満足度向上を図りましょう。

このページでは、ジム内のレイアウトやマシン配置の重要性について詳しく解説しています。

近年、健康意識の高まりや、感染症流行によるおうち時間の拡充も相まって、自宅でトレーニングを行っている人が増えており、ホームジムの需要は高まりつつあります。
自宅でのトレーニングには、機能性と利便性を兼ね備え、さらに省スペース設置可能な「複合型スミスマシン」がおすすめ。

このページでは、ホームジムに複合型スミスマシンをおすすめする理由やホームジムの作り方、実際に複合型スミスマシンを導入した事例などについて紹介しています。

【PR】ホームジムならスミスマシン!作り方や事例を紹介!